読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料金の安いネイルサロンを新宿で開業しています。

自分で独立してネイルサロンを開業して経営しています。色々と失敗を繰り返しながら利益を出せるようになりました。

ネイルサロンを出店するなら、出来るだけ安い物件を借りなければ すぐに潰れてしまいますよ~って話です。

ネイルサロンを開業するなら、

 

まずは物件を探す必要がありますよね。

 

 

f:id:gogoman:20161206230520j:plain

 

もちろん、おうちでホームサロンを開業する方の場合は別ですが。

 

 

 

ネイルサロンを開業するなら、

 

規模の小さな物件が良いですね。

 

 

なぜなら、まず 家賃が安い から。

 

 

 

ネイルって、1店舗だけじゃそれ程 儲からないので、

 

出来るだけ毎月の固定費は減らす必要があります。

 

 

 

最初は、意気揚々と頑張るのですが、

 

徐々に運転資金が尽きてきて、

 

毎月の家賃がドカーンと重くのしかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、私の体験談でもありますが。

 

 

 

私が最初のネイルサロンをオープンさせたとき、

 

家賃22万円の物件を借りました。

 

 

 

ネイルサロンとしては、少し大きめの物件です。

 

 

 

 

初めての出店だったので、

 

 

「そんなものかな~。すぐに回収できるでしょう~。」

 

 

なんて甘い考えていました。

 

 

 

 

しか~し!

 

 

そんなに甘くはなかったですね・・・

 

人生・・・

 

経営・・・

 

 

って。

 

 

 

 

最初の頃、売上が全く上がらず、

 

毎月の固定費を支払うのにも苦労しました。

 

 

f:id:gogoman:20161117142042j:plain

 

ネイルサロンの場合、

 

光熱費はそれほど、掛からないのですが、

 

 

 

やっぱり家賃です・・・

 

 

 

 

毎月絶対に22万円の家賃を支払う必要があるので・・・

 

 

 

 

これはなかなかきつかったですね~。

 

 

 

 

 

もちろん、月間200万円ぐらいの売上があればよいのでしょうが、

 

ネイルサロンで月/200万円 の売上って相当、忙しいお店です。

 

 

 

 

なかなかありませんよ~。

 

 

 

 

私の場合、

 

ネイルサロンをオープンさせて半年間ぐらいは、

 

月間20万円~40万円の売上しかありませんでしたからね。

 

 

 

 

これは、本当に冷や汗ものです。

 

 

運転資金はどんどん減っていき、

 

雇っているネイリストには給料を支払い、

 

固定費は必ず支払う必要があり、

 

広告も出さなきゃ新規客も来ません。

 

 

 

 

この頃は本当に辛かったな~~~。

 

 

 

 

で、毎月の支払いの中で最も大きな比重を占めていたのが、

 

家賃なんです。

 

 

 

売上のほとんどを持っていかれました。

 

 

22万円という家賃。

 

 

やはり、ネイルサロンにしては大きな金額です。

 

 

都心のど真ん中で、お金持ちを相手にしているようなネイルサロンなら特に問題なくやっていけるでしょう。

 

 

 

しかし、ほとんどのネイルサロンがそういう状況ではありません。

 

 

 

どうにか月間100万円の売上を上げようと必死に頑張っている状況です。

 

 

その中で、高額な家賃は死活問題になります。

 

 

 

もし、

 

自分でネイルサロンを店舗物件を借りて始めようと思うなら、

 

出来るだけ安い物件にする事をおすすめします。

 

 

 

 

ネイルサロンの場合、集客はどちらにせよインターネットを使って行う事になります。

 

 

>>【知らなきゃ損する!】ネイルサロンに新規客をすぐによぶ方法

f:id:gogoman:20170405113433j:plain

 

 

 

 

まず、飛び込み客はいないと考えて貰って良いでしょう。

 

 

 

大型ショッピングモールに出店しているサロン以外は。

 

 

 

 

そう考えると、特に人通りが多い場所に出店する必要もないので家賃は抑える事が出来ますよね。

 

 

 

では。

 

一言

 

「ネイルサロンを出店するなら、出来るだけ家賃の安い物件にしましょう~。」

 

 

って話でした。