読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料金の安いネイルサロンを新宿で開業しています。

自分で独立してネイルサロンを開業して経営しています。色々と失敗を繰り返しながら利益を出せるようになりました。

ネイルサロンを始めるなら、国からお金を借りて開業資金を作りましょう

背中ニキビニキビが酷い事になった!

 

 

 

ネイルサロンの開業資金、貯まりましたか?

 

 

え?

 

全然、貯まっていない?

 

 

まあ、しょうがないですよね。

 

 

ネイリストって給料安いですから~。

 

 

 

50万円貯めるのもやっと!って感じでしょうから。

 

 

 

 

 

でも、早めに独立開業しなきゃダメですよー。

 

 

雇われネイリスト程、儲からない職業ないですからね~。

 

 

 

「でも、お金が無いんです。」

 

 

っていう方!

 

 

そんな時は、銀行から借りる!

 

 

なんて言いません。

 

 

ダメですよ。

 

 

銀行からお金を借りたら、金利がめっちゃ高くつきますからね~。

 

金利を返すのだけでもやっと、という感じになります。

 

 

 

なんせ、年利14%とかですから~。

 

 

 

無理です。

 

 

 

 

背中ニキビニキビが酷い事になった!

 

 

 

 

 

なので、もしお金を借りて開業資金に充てたいなら、

 

国からお金を借りましょう。

 

 

日本政策金融公庫という機関があります。

 

 

これは実質、国が運営している融資機関です。

 

 

 

新規創業者などに、お金を超低金利で貸してくれます。

 

 

2%~3%程でお金を借りる事が出来ます。

 

 

まあ、人によって多少違うとは思いますけど。

 

 

基本的に金利は、めちゃめちゃ低いです。

 

 

これは本当にありがたいですよ~。

 

 

 

 

では、どうすれば日本政策金融公庫からお金を借りる事が出来るのか?

 

 

ざっくりと説明しますね。

 

 

1、日本政策金融公庫に融資の申し込みをします。

 

2、事業計画書を書きます。

 

プロ直伝! 成功する事業計画書のつくり方 (マンガでわかる! ビジネスの教科書シリーズ)

 

 

 

 

3、事業計画書を提出し、面談を受けます。

 

4、1週間~2週間以内に融資が実行されます。

 

 

融資金は、こちら側が指定した口座にバ~ンと振り込まれます。

 

 

~100万円程ならわりと簡単に借入できますよー。

 

これをネイルサロンの開業資金として遣いましょう。

 

 

 

もちろん、私的に遣ってはダメですよー。

 

事業資金として遣いましょう。

 

 

 

当たり前ですが、返すお金でもあるので。

 

 

 

早くネイルサロンを開業して、

 

売上を作り、

 

毎月きちんと返済していくことが信用にもつながります。

 

 

そうすれば、2店舗目を出店したいときに、

 

更に大きな額を借りる事も出来ますので。

 

 

 

背中ニキビニキビが酷い事になった!